高崎です

日々のあれこれを書けるときに書きたいように書いていきます

ハーモニクス? 知らない子ですね…

どうも、高崎です。

  

大学の健康診断を終えてから、札幌駅の近くにある島村楽器で音叉とついでにアコースティック・ギターの弦を買ってきました。

 

高崎の行ったところでは、やはりというかチューナーの方が数が豊富で音叉は見たところ三種類しかなかったです。

音叉についていまいち詳しくないので、その中で一番安価なものを買ってきました!

(音叉の写真を載せたいのにやり方がわからない><)

 

音叉って聞いて最初に思い出すのが『仮面ライダー響鬼』という作品の主人公が変身する際に用いる道具なものですから、偏見持ちまくりで、イメージとして大きくて強そうというのがあったのですが、手に取って見ると手のひらにすっぽりと納まってしまうんですね。それがなんだか可愛らしいなと思いました。

 

さて、ところで音叉を買った理由が「これでアコギのチューニングできたらバリかっこよくね?」という浅はかな思考からきているものですから、音叉について持ちうる知識が『叩く』『チューナーっぽい?』『オトダマスター』というふわふわとした3つなわけでして、とりあえず膝に音叉を軽く叩いてみるも振動するだけで何も起こりません。

 

そこで高崎、以前ドラマで見たイカす行為に打って出ました。

 

わかりますか? そうです。口に咥えるのです!

 

音叉を叩いてから口に、というか歯でそれを落ちないように、唇に触れないようにすると瞬間『ポォー』というどこか間抜けな音が頭に響きました。歓喜のあまり親指と中指を合わせてパチンという音を鳴らしました。

 

ここまで来るともう、あとはアコギのチューニングをささっと、スマートにやってあげればいいだけ! なのですが、その方法がわからないのでここでようやくグーグル先生にお力添えをしていただくことになりました。

 

なになに、5弦の5フレットをハーモニクスで鳴らして……

 

高崎、そこでブラウザをそっ閉じ

 

……高崎、ハーモニクスできないんですよね

やり方は知っていますよ! でもうまくできないんですよ

まさか、こんなところで躓くとは……

 

ということで、ハーモニクスの練習してきます(笑)

 

ではでは、今日はここいらで失礼します。

ごきげんよう