高崎です

日々のあれこれを書けるときに書きたいように書いていきます

「容疑者Xの献身」を倒したい!

f:id:k-takasaki0308:20180502214414j:plain

 どうも、高崎です。

 

 最近、東野圭吾作品が映像化されまくってますね。

 

 高崎は東野圭吾といえば、フジテレビ系列で放送されていたドラマ「ガリレオ」のイメージが強いです。

 

 数年前、高崎が小学生だったか、中学生に上がった頃だったか、とにかくそのくらいの時期に「容疑者Xの献身」が映画化されました。その時に高崎は流行に乗るべく「容疑者Xの献身」を買わせていただきました。

 

 家に帰るまでどんな作品なんだろうかとワクワクしながら、胸に小説を抱いて帰路に着いたのを覚えています。

 

 家に帰ると早速、読み始めるのですが、50ページくらい読んだところで読むのをやめました。

 

 当時の高崎は「ガリレオ」のイメージを持ってそれを読み進めていたので、「容疑者Xの献身」はなんだか淡泊に感じられて、そのドラマと小説のギャップが高崎の中で昇華されなかったのです。

 

 さて、そんな「容疑者Xの献身」との間に深い溝がある高崎ですが、今度こそ、読破してやろうと考えています。

 

 そろそろ、イケる気がするんですよね(笑)

 

 根拠はないですけど、もう結構な時間が経っているし、きっと今なら割り切って読めるはず!

 

 ということで、しばらく、「容疑者Xの献身」と格闘しようと思います。

 

 今のところGW中に読み終えている予定です!

 

 読み終えたら感想文をブログに書いてみようかと企んでいたりします(笑)

 

 そして、読み終えた暁には別の東野圭吾作品を読んでやる!!