高崎です

日々のあれこれを書けるときに書きたいように書いていきます

バイトに遅刻した

 どうも、高崎です。

 

 三日振りのバイトで遅刻をしてしまいました(涙)

 

 前回バイトに出た時に、5月20日のシフトに変更があったのですが、高崎はそれを5月19日のシフトの変更だと勘違いしていました。

 

 電車に乗っているときに、何度か鞄の中のスマートフォンが振動していたことには気が付いていたのですが、車内は通話禁止なのでそれを無視していたら、次第にお腹が痛くなってきました。

 

 その時にはもう、やらかしたことに気が付いていました。

 

 電車から降りると、鞄の中から素早くスマホを取り出し、画面を見るとバイト先から着信が二度来ていました。

 

 高崎は手の震えをどうにか抑え込んで、バイト先に電話をします。

 

 最初、広報さんが電話に出ました。事情を説明するとレジ場に電話を繋いでくれました。しばらくして、電話の先から声が聞こえました。間髪入れずに「時間間違ってます?」と聞きました。その電話で高崎がシフトについて勘違いしていることが発覚しました。その後、電話の相手は「はよこい」と言って電話を終えました。

 

 駅から、バイト先のスーパーまでどうがんばっても30分はかかります。しかもそれは駅からスーパーまで止まることなく走り続けた場合です。

 

 高崎は1秒でも早くバイト先に着かなければいけなかったので、無謀にも走ることを選びました。途中、上り坂が高崎の命を奪うかのように立ち塞がりました。心臓が爆発するんじゃないかってくらい、バックバクに脈って痛かったです。

 

 なんやかんやで、バイト先に着きまして、雷覚悟で謝罪の旅に出ると、皆さん、怒るというよりは気を付けるんだよみたいな優しい感じに接してきました。もしかしたら、あまりにも辛そうに登場したものですから怒りづらかったのかもしれません。

 

 怒られなかったのは、よかったのですが、以後このようなことがないように気を付けないといけないと思いました。

 

 高崎がバイトに遅れたことで、バイト先の人達に迷惑を被ったのは事実ですし、バイトだからといって適当コイていいわけではないので、気を引き締めるべきだと思いました。

 

 色々書きましたが、本当に怒られなくてよかったです。

 

 たぶん、怒られるとヘコみ過ぎてしばらく立ち直れなかったと思います。

 

 本当に面倒くさい性格をしていますね(笑)