高崎です

日々のあれこれを書けるときに書きたいように書いていきます

初めてラブレター書いた(笑)

 どうも、高崎です。

 

 ラブレター書きます!

 

「いつも、気が付けばあなたを目で追っていました。

 何がそうさせるのか、いつからそうだったのか。

 今ではもう思い出せません。

 

 ガサツに見えて繊細で、周りをいつも気にかけている

 そんなあなたの優しさにいつも元気をもらっています。

 

 あなたのことが好きです。

 

 付き合ってください。

 

 答えは今すぐに出さなくていいです。

 

 あなたを振り向かせて見せます。

 

 あなたが私のことを好きになったとき

 答えを聞かせてください。」

 

 どうだ!(笑)

 

 ラブレターとか書いたことないから、どんなことを書けばいいのか全然分からなかった。そもそも、誰に宛てて書いたのかすら分からない(笑)

 

 読み返してみると、中々恥ずかしいこと書いてますね(*‘∀‘)

 

 なんか、ラブレターっていうよりもポエムって感じがしますね(-_-;)

 

 ラブレターといえば学校の下駄箱に入っていて、そいで体育館裏に呼び出されて告白! みたいなのがテンプレですけど最高にいいですよね。すごく憧れます!

 

 高崎はこれまで一度もラブレターを貰ったことがないので、ラブレターに対する思いは強くて、人生で一度でいいから貰えたらいいなと思っています。

 

 そもそも、ラブレターってまだあるんですかね?

 

 高崎が高校の頃には既にその文化はすたれているのか、LINEとかで告白をしている人が多かった印象です。

 

 高崎はラブレターといえば紙にペンで言葉を綴るものだと思っちゃうのですが、LINEで告白するっていうのも現代的なラブレターの形なのかもしれませんね(笑)

 

 さて、今回はラブレターを書いてみました!

 

 言葉自体はつらつらと出てきたのですが、相手がいない手紙ですからなんだか物足りないですね(笑)

 

 好きな人を思って手紙を書くと切実さみたいなものが出てくると思うので、好きな人が出来たらまた書いてみようと思います!

 

 

 

今週のお題「あの人へラブレター」