高崎です

日々のあれこれを書けるときに書きたいように書いていきます

閉店間際にバイト先が混みだす

 どうも、高崎です。

 

 最近、バイト先のスーパーで閉店間際に店内がお客様で賑わいだすという怪奇現象に苛まれていて、ついついお払いに行きたくなってきます。

 

 たぶん、暖かくなってきたから、皆さんの活動時間が伸びているのだろうと思います。

 

 ここ1週間ほど、高崎がバイトに出ている日に限って、閉店10分前に店内に20人もお客様がいて、恐怖を通り越して乾いた笑いが出てきます。というか笑っている暇すらなくレジを打っています(笑)

 

 お客様が沢山来ると、高崎は楽しくなってくるので別にいいのですが、閉店間際になってくると高崎以外が疲労困憊でレジの回転率が悪くなってくるので、可能であれば

閉店間際でなくもう少し余裕をもってお買い物をしてほしいなと思ったりしています。

 

 高崎のバイト先は、閉店間際にやってくるお客様の多くは近所に住む大学生で、彼奴等は基本的に購入する商品が少ないので、ささっと来たと思ったらささっと帰っていきます。まるで風のようだと思います。

 

 閉店間際の大学生以外のお客様で多いのは、2つのカゴに大量の商品をどかどかと積んでくる家族連れのお客様です。高崎はどちらかといえば、この大量に商品を持ってくるお客様方の方が好きです。

 

 高崎はお客様がお肉とかお魚とか、とにかく湿っているものを持ってきたら全て袋に詰めます。袋に詰めるとき、ちんたらしていると後ろのお客様と目が合って身の危険を感じるので、なるだけ早くしなければいけません。そうして、焦っていると、なんかとても早くレジが打てます。それがおかしくて仕方ないです。

 

 大量に商品を持ってくるお客様が続くと高崎はとても、早くレジが打てて楽しいので、できればずっとそういうお客様が続いてほしいと思っています。

 

 今日は土曜日のくせして、そんなに混まなかったように思います。

 

 平日の方が混むのでなんだかモヤモヤとします。

 

 明日は日曜日です。

 

 できれば1週間で一番ってくらいに混んでくれると嬉しいです。

 

 ただ、閉店間際に混むのは勘弁してほしいです(汗)