高崎です

日々のあれこれを書けるときに書きたいように書いていきます

なぜ車で音楽を聴くことが許されているのか不思議に思います

 どうも、高崎です。

 

 去年まで夏場移動するのに自転車によく乗っていたのですが、去年の秋頃に壊れたせいで今年は自転車に乗れずにいます。

 

 新しいものを買えば解決する問題ではありますが、交通機関に毒された体では自転車に乗って遠くに行くことは困難を極めます。ていうかムリって話です(笑)

 

 去年まで自転車に乗っていて、疑問に思っていたことがあるのですが、なぜ音楽を聞きながら自転車乗っちゃダメなんでしょうね?

 

 いや、イヤホンをつけて音楽を聴いていると周囲の音が聞こえなくなるから危ないよね? 意識が音楽に向いて事故りやすくなるよね? って話だとは思うのですが、じゃあなんで車で音楽を聞くのは許されているのか、よくわかりません。

 

 車では音楽だったり、ラジオだったり、テレビだったり、カーナビだったり、視覚的にも聴覚的にも意識が向きやすいものが搭載されていて、なおかつ利用されているこの現状がなぜ許されているのか、危ないといって規制されないのか不思議に思います。

 

  ホントなんなんですかね(笑)

 

 車で音楽を聞くのは、もうはや伝統の域にまで達していて、それをどうこうするのは難しいってことなんですかね? それとも、現状に対して不思議に思う人が少ないってことなんですかね?

 

 まあ、なんにせよ、自転車は音楽を聞くのはダメで車はいいとか、事故を減らすための取り組みにしてはチグハグだなと思います。どうせやるなら徹底してほしいです。