高崎です

日々のあれこれを書けるときに書きたいように書いていきます

初対面の人に連絡先を聞けるほどコミュ力高くない

 どうも、高崎です。

 

 大学の講義が2講からだったので、7時に起きて9時のバスに乗りました。

 

 講義が10時40分からなのですが、10分前には教室の前に辿り着くことが出来ました。教室の前まで来ると男子学生と女子学生が立っていました。教室の中に入らないのかしらと思いつつも二人の間を縫うように教室の中に入ると、そこには人っ子一人の姿もありませんでした。

 

 はてなと首を傾げていると、肩を叩かれました。振り向くと教室の前に立っていた女子学生がいました。その女子学生はスマートフォンの画面をこちらに見せながら何かを伝えようとしています。なにかしらと思いつつも、スマホの画面を覗き込むと、そこには休講情報が映し出されていました。

 

 高崎は木曜日の2講と水曜日の2講にその先生の講義を受講しています。

 

 どうやら、高崎と真面目な二人の学生は、水木に同じ講義を受講していて、なおかつ、実際は今日休講だったのに、休講は昨日の講義の方であったと勘違いしていたようです。

 

 もう、笑うきゃないですよ。

 

 自分が抜けていたのが悪いのですが、それを受け入れることのできない自分がいます(-_-;)

 

 ただ、休講情報を教えてくれた女子学生は、透明感のある方で、笑顔が素敵でとても可愛らしく、彼女に出会うことが出来ただけでも儲けものだと思います。

 

 あれですよ、恋に落ちる5秒前ってやつです!

 

 珍しく、髪型セットしておいてよかった(笑)

 

 その場で連絡先を聞くことが出来れば最高だったのですが、残念なことに高崎はチキンなので行動に移すことが出来ませんでした。これが万年彼女ができない理由なんでしょうね(-_-;)

 

 フットワークが重いというのは常々感じていて、これをどうにかするために、ボクシングか卓球を始めようかと一時期考えていたのですが、そりゃあないよなと考え直しました。

 

 意気地がないのはどうしたらいいんでしょうね?

 

 まあ、週に2つも同じ講義を受講しているということなので、まだ仲良くなれるチャンスはあるはずなので、機会があれば話しかけてみようと思います。

 

 こういうのって下手に意識しすぎると緊張してダメになっちゃいますよね。自然に自然にですね(笑)