高崎です

日々のあれこれを書けるときに書きたいように書いていきます

運動会の実況で目が覚めた

 どうも、高崎です。

 

 どうやら地元の小学校で運動会が開かれているらしく、そのけたたましい実況の声で目を覚ましました(笑)

 

 実況は聞いている限り、女性がしているようです。正直、もう少し眠っていたかったというのが本音ですが、とてもポジティブに気持ち悪い考え方をすれば、女性に叩き起こされたという考え方もできます。高崎は女性に朝起こされるということは皆無なので、まさかこんな形で女性に起こされるというアベックにのみ許されたシチュエーションが実現するとは思いもしませんでした。

 

 それはそうと、窓の外を見てみると、どんよりとした曇り空が広がっています。高崎なんかは「これ雨降るんじゃない?」とか思っちゃって、よくやるもんだと思います。ただ、子供たちからすれば炎天下でやらない分いいのかもしれません。

 

 思い返してみると、運動会当日はいつも曇り空からの雨でした。一時的に太陽が顔を覗かせたりもするのですが、それはすぐに雲に隠れて見えなくなったりと、運動会が嫌いだった高崎の心と連動しているのではないかという冴えない空模様でした。

 

 運動会を待ち望んでいた子供たちには申し訳ないのですが、高崎は昼からバイトなので雨よ降れと天に祈りを捧げることにします(笑) こういう中途半端な天気の日ってお客さんがメチャクチャ来て怖いんですよね(-_-;)

 

 冗談ですよ(笑)

 

 天気はやっぱり、いいに越したことはないので、天気が崩れないことを願っています。

 

 まあ、傘を持ち歩きたくないだけなんですけどね(笑)