高崎です

日々のあれこれを書けるときに書きたいように書いていきます

病院行ったら二日間の断食を命じられた

 どうも、高崎です。

 

 体調が優れなかったため病院に行ってきました。

 

 症状としては咳、喉、鼻、頭痛、腹痛、下痢と盛りだくさんで、病院の先生に「一通りかかっているね」と笑われました。

 

 下痢と聞いて先生は「胃腸炎かもしれないね……」と高崎を脅してきます。先生は早く治すために、二日間の絶食とスポーツドリンクをがぶ飲みするようにと命じました。頭痛が酷くなった気がします(苦笑)

 

 症状が多いせいか10種類近い薬を処方されて、薬の説明を聞いているだけでくらくらしてきます(汗)

 

  唯一の救いは、全て玉薬だったことですね。良薬口に苦しとはよくいったものです。そう考えれば粉薬は大層効果のある代物なのでしょうけど、それでも、やっぱり粉薬は苦くて不味いのでできれば避けて生きていきたい今日この頃。

 

 オブラートに包めば飲めなくもないですが、高崎、使うの下手くそだから、飲むとき必ず口の中で引っ付くんですよね。そうすると、ごく稀にオブラートが破けたりして、口中に薬の苦味が広がったりしちゃって、もう大惨事ってことがあったりします。なので、薬は極力オブラートを使わずに飲めるものがいいです!

 

 それにしても、二日の断食って地味に辛いですよね……。

 

 早く治すためとはいえ、食という生きる喜びを奪われるとは思わなんだ(笑)

 

 二日後、スリムになっていたらどうしましょう。そんな変わらないですかね(笑)