高崎です

日々のあれこれを書けるときに書きたいように書いていきます

断食しなくてもよかったのかもしれない

 どうも、高崎です。

 

 お腹を下しているせいで断食をしています。

 

 高崎が通院している近所の病院の先生によると、胃腸炎とか、お腹を下しているときは何も食べずに消化器官を落ち着かせる必要があるそうです。今回の高崎は軽い症状だったらしく、二日ほどの断食とスポーツドリンクのがぶ飲み、それから薬を飲めば治るそうです。

 

 ただ、母親が通っている別の病院の先生の話によると、断食とかありえないとかなんとか。なんでも、ご飯をしかっりと食べないことには便が作られないから、悪い菌がお腹から出ていかないそうです。

 

 さて、どちらを信じたものか(笑)

 

 どちらも病院の先生が話した内容なので信憑性は高いんでしょうけど、後者に関しては高崎が実際に聞いた話ではなく母親からの又聞きなので、イマイチ信頼に欠けます。ただ説得力は前者よりも高く感じます。断食二日目で空腹に負けているせいでしょうか?(笑)

 

 まあ、今回はもう1日断食しちゃっているから、後1日断食してみます。

 

 それはそうと、今回、病院に行って薬を10種類近く処方されたんですよ。薬が強いのかもわかりませんけど飲むと眠くなるわ、ふらふらするわで外に出られません(涙) 

 

 おとなしく布団の中にいても、ドラムロールのような激しい雨音のせいで夢の世界に行けないし、ならば読書はどうかと試してみましたが頭がぼうっとして中身が入ってこない。生殺しってこういうのをいうんですかね(;´・ω・)

 

 なんか病人みたいでヤんなっちゃいます(笑)